治療している医者

傾向を知る

歯を検診

歯科治療では様々な治療が施されていますが、虫歯治療の他にも予防治療が行なわれており、保険が適用されるものが多くあります。歯科の治療の中でも審美治療は保険適用外となることが多く、治療費が高くなる傾向にあります。

技術向上により

歯科治療器具

最近では、多くの方が歯医者に通う方が増えています。昔までは、歯医者の治療は痛いイメージがありましたが、痛くない治療が増えたので通う方が多くなっているのも歯科の技術が上がったからです。

インプラント治療

真剣な歯科医

近年、多くの方がインプラント治療に興味を持っています。最近では、多くの方が歯を失ってしまった場合最新の治療方法であるインプラント治療を行なうようになっています。

最新の治療

歯を治療する

インプラント治療は、近年歯科治療の中でも注目を集める最新治療ですが、使用する機器や医師の技術がクリニックによって変わるので、ランキングなどを参考にしてクリニックを選ぶと良いでしょう。

部分矯正の治療方法

歯科看護師と患者

矯正歯科の中でも、治療期間が短く低コストでできる矯正が部分矯正です。部分矯正はその治療で使用する器具もかなり多くの種類が利用されているので、その人に合った素材のもので矯正を進めることが可能です。

長期にわたる治療

美しい歯

歯列矯正は長期間の治療を有するものです。治療期間中は医師の指示に従うのが基本です。矯正装置を勝手に取り外したり、通院するのをさぼったりせず、決められた矯正スケジュールをしっかり守って生活をする必要があります。 歯列矯正中に虫歯になると矯正治療をいったん中断しなければならず、スケジュール通り歯列矯正ができなくなります。そのため、虫歯にならないようにいつも以上に時間をかけて丁寧にブラッシングすることも大切です。また、矯正装置にあまり食べ物が詰まらないように、食べ方や食事の選びかたもいつも以上に気を使うことも重要です。 基本的なルールをしっかり守って矯正を行えば、スケジュール通りに正しく歯列矯正ができます。

歯の矯正はお金がかかるというイメージがあります。確かに歯列矯正は保険が効かないので医療費負担が高くなります。どのくらいの医療費がかかるのか、その内訳を見て行くと、最初に相談料・検査・診断料がかかります。矯正相談は無料でしている歯科クリニックもありますが、3000円くらい取られることもあります。さらに検査料や診断料として5万円〜10万円くらい必要になります。検査の結果どんな治療があっているのかを判断し、そして矯正治療のスケジュールを決めていきます。 本場の矯正治療に関しては、40万円〜120万円ほどの費用が相場です。表側矯正ほど安く、裏側矯正になるほど高くなります。また、矯正中は装置を調整するために通院する必要があり、そのたびに5千円くらいの調整料がかかります。